当院の治療方法

ご予約・ご質問は
お気軽にお問い合わせください

9:00~12:30 / 14:30~18:30
休診:木曜午後・土曜午後・日曜・祝日

  • tel_sp.jpg
  • メールお問い合わせ

治療方法

メッシュプラグ法

傘状のプラグ(栓)を用いて、小腸が出てくる筋膜の弱い部分を補強し、ヘルニアの再発を防止します。このメッシュプラグは、臨床使用において全世界400万件以上の実績があり、体内使用での安全性が確立されています。

その他のメッシュ

使用するメッシュはすべてポリプロピレン製で、50年ほど前から使用されている安全性の高いものです。

 
 

腹腔鏡手術

当院では、患部を切開しない腹腔鏡手術を行っています。
これまで認定医の先生に従事し、研鑽を積んでまいりました。(TOPページの『手術実績』を参照)
また、学会にも積極的に参加することで、最新の知見にも精通するよう努めております。
この方法は、もともと欧米諸国でふくよかな方々を治療するために始まり、発達してきた経緯があります。ですから、健康で合併症などがない方ならどなたでもできますが、特に、ふくよかな方にはこちらの方法をお勧めしています。
手術は、へその部分から直径5mmの細長いカメラをお腹の中に差し込み、カメラで観察しながらヘルニアを修復します。ただし、手術内容そのものは従来と変わりません。
患者さまにとって一番の利点は、傷が小さいことです。また、再発症例でも確実に治療できるなどの利点もあります。
欠点としては、従来の手術よりもやや治療費が高くなることや、日帰りではなく1泊入院が必要になることなどがあります。

※腹腔鏡手術ができない方

全身麻酔で行いますので、90歳以上の超高齢者、心臓が悪い方、呼吸器の悪い方、ほかにも何らかの合併症のある方などには適用できません。前もって、医師にご相談ください。

そけいヘルニア手術の費用について

費用の目安

3割負担の場合日帰り 約50,000円
入院 約50,000円+入院費3,000円/日

※費用は税抜価格となっております。
※腹腔鏡手術については高額医療費制度の対象になり、約80,000円~程度になります。
詳細はお問い合わせください。

  • ひろつおなかクリニックオフィシャルサイト
  • ひろつおなかクリニックFacebook