WEB予約

監修:ひろつ おなかクリニック

そけいヘルニアとは

そけいヘルニアとはどんな病気?

そけいヘルニアとはどんな病気?

そけいヘルニアとは、本来、おなかの中にあるはずの臓器や腸の一部が、脚の付け根のそけい部の筋膜から皮膚の下に出てくる病気です。
日本国内の年間患者数は、15万人ほど。
盲腸(虫垂炎)の患者がおよそ6万人なので、比べてみるとそけいヘルニアは、決して珍しくない病気なのです。

そけいヘルニアは、「脱腸」とも呼ばれ、立ち上がったときやおなかに力を入れたときに、そけい部が膨らんでくることに気付き、ときに痛みや違和感を伴います。
良性の病気ですが、腸が脱出したことが原因で、腸閉塞を起こすことがあるので注意が必要です。

足の付け根や股関節周辺ということもあり、気になっていても「恥ずかしい」と感じて、病院を受診できずにいる方もいらっしゃるようです。
そけいヘルニア自体は、決して恐れ過ぎる病気でもありませんし、経過観察で現状維持を保つ方は多くいらっしゃいます。
とはいえ、自然に治ることはありません。
でも、正しく治療することで確実に治る病気です。

そけいヘルニアによる腫れや痛みで思うように体を動かせなかったり、見た目が気になり温泉やプールを心から楽しめなかったり……。
充実した日々を送るためにも、気になる症状がある方は、早めの受診をおすすめします。

そけいヘルニアに原因となりやすい人

そけいヘルニアの原因は、先天性のものと、後天性のものがあります。
先天性のものは、本来閉じた状態のはずの腹膜の穴が、開いた状態になっているもので、乳幼児のそけいヘルニアの原因です。
乳幼児のそけいヘルニアは、小児外科や小児科の受診をおすすめしています。

一方、後天性ヘルニアは、さまざまな原因が考えられます。
例えば、加齢により腹部の筋肉が衰えてしまうこと、また立ち仕事や力仕事でそけい部へ圧力をかけたことが原因となる場合もあるのです。
このほか、ぜんそくや喫煙によって咳を多くする方、便秘や肥満気味の方がきっかけとなる場合もあります。

また、そけいヘルニアは解剖学的に男性に多い病気で。
一方、妊娠・出産をきっかけに女性が発症するケースもあるため、次のような方は注意が必要です。

次の方はそけいヘルニアになりやすいといわれています

  • 重いものを運ぶ機会が多い方
  • 立ち仕事に従事する方
  • 中高年齢層(特に40歳以上の男性)の方
  • そけいヘルニアにり患した身内がいる方
  • 便秘症、肥満気味、ぜんそくの方
  • 咳を多くする方
  • 激しい運動をする方
  • 喫煙習慣のある方

そけいヘルニアの症状

そけいヘルニアの症状は、そけい部の皮膚の下から内臓が出てくる病気です。
そけい部に、ポッコリとした膨らみや腫れを見つけたら要注意。
手で押した時や横になった時に膨らみがなくなるのは、そけいヘルニアの初期症状で、軽度の段階です。
膨らみはやわらかく、大きさは人それぞれですが、ピンポン玉や鶏卵くらいの大きさに感じる方もいます。

痛みはあったり、なかったりと人により異なりますが、症状が進んでくるとときどき差し込むような痛みを腹部に感じたり、突っ張ったような違和感があったりするように。
さらに、手でおさえても腫れや膨らみがもとに戻らないようになり、悪化すると歩くのも辛いと感じるようになるのです。

こんな症状がある人は、そけいヘルニアの可能性があります

そけいヘルニアは、自覚症状が現れやすい病気です。
次の中で気になる項目があれば、ご相談ください。

※自覚症状には、個人差があります

  • そけい部(足の付け根)が腫れた感じがする
  • そけい部につっぱり感などの違和感がある
  • 立った状態でそけい部にポッコリとした膨らみがある
  • 上記のような腫れや膨らみは、手で押したり横になったりすると消える
  • 腸が引っ張られているような感じがする

そけいヘルニアを放っておくと…?

そけいヘルニアは、良性の病気。
そのため、初期状態で受診していただき自覚症状がなければ、すぐに手術ではなく医師の指導のもと、経過観察で様子を見ることも多いです。
しかし、「痛みはない」「押したら元に戻るから」と放置しておくと、急に痛くなり、指で抑えても引っ込まなくなった状態になることもあるのです。

この状態を「嵌頓(かんとん)」と呼びます。
嵌頓は、ときに命にかかわる危険な状態。
そけいヘルニアそのものは、良性の病気ですが、嵌頓の状態になると緊急手術が必要な場合もあります。

緊急手術も必要になる「嵌頓(かんとん)」とは

嵌頓は、そけい部で脱出した腸がもとに戻らなくなってしまうことです。
嵌頓になると、腸が飛び出した出口の部分が締め付けられることによって、血流が途絶え、腸の一部が壊死を起こしてしまうことに。
腸が壊死すれば、そこに穴が空き、穴から腸の内容物が漏れ出しおなか全体に広がって、「腹膜炎」を引き起こしてしまうのです。
腹膜炎では、激しい腹痛をはじめ、吐き気や嘔吐といった症状が見られます。
腹膜炎は、治療なしでは助からない病気。命を落とさないためにも、緊急手術が必要になります。

そけいヘルニア自体は、良性な病気ですが、それが原因で、命を落としかねない事態にまで発展してしまう可能性があるのです。

そけいヘルニアの治療法は?

そけいヘルニアは、自然治癒や薬での治療は期待できません。
軽度の場合や、違和感・不快感がなく生活に支障がない場合、患者さま自身が気にならない場合は、経過観察することもあります。

ただし、完治するには、手術が必要です。
当院では、そけいヘルニア専門医による手術を行っています。
「仕事が忙しい」「病院ではなく自宅で療養したい」という方には、日帰り手術も可能です。
まずはお気軽にご相談ください。

お問い合わせ

0942392228

オフィシャルサイト ひろつおなかクリニック YouTubeチャンネル 内視鏡専門サイト
0942392228 お問い合わせ page top